ママの毎日に潤いを!まだまだ人生これから どんどん楽しんでいきましょう!

30代から始める美的生活

節約

ふるさと納税はいつするのがおすすめ?

投稿日:

ふるさと納税はもうお済みですか?

 

 

私は今年、まだできてません!

 

 

胸を張って言うことではありませんが、そろそろしないとだめですよね…

 

 

「12月に入って、ボーナス出るならやらないと!」と思いながら過ごしています。

 

 

返戻品がもらえてお得だと分かっていても、まず寄付金を用意しなくてはならないですもんね!

 

 

12月でもふるさと納税は間に合う?締切はいつ?

 

さて、ふるさと納税はいつまでにすれば良いのでしょうか?

 

 

実は、ふるさと納税は1月1日から12月31日までいつでも申し込むことができます。

 

 

つまり、1年のうちいつ申込みをしても良いのです。

 

 

ただ、注意しなければならないのが、「いつ申込みをしても良いのです」とはいっても、平成30年の控除対象となる寄付にしなければなりません。

 

 

つまり、寄付後に自治体から受け取る受領証明書の受領日が、平成30年12月31日までのものでなければならないのです。

 

 

12月31日にふるさと納税のサイトで申込みを行っても、支払いが1月1日以降である場合や、現金書留で送る場合は自治体が受領したする日が1月1日以降であれば平成31年の寄付となってしまいます。

 

 

そこまでギリギリに手続きをすることは稀だと思いますが、つい忘れてた~と大晦日に慌ててやる場合は、支払い方法等注意しなければなりません。

 

 

 

ワンストップ申請の返送はいつまで?

いつまでに申請書を返送すれば良い?

ふるさと納税サイト「ふるなび」によると、

 

ワンストップ特例申請の受付期間にご注意ください

寄附の翌年1月10日迄(必着)で寄附先の自治体に書類を提出してください。

との記載があります。

 

 

年の瀬ぎりぎりに寄付の申請をした場合は、自治体からワンストップ特例制度の申請書の返送が年明けになってしまいます。

 

 

この場合は、1月10日までになにかしらのトラブルで申請書を締切までに受け取れない可能性があります。

 

 

でも大丈夫です!!!

 

 

実は、ワンストップ特例制度の申請書は総務省のホームページからダウンロードすることができるのです。

 

 

ぎりぎりの寄付となってしまった場合は、市町村からの申請書の返送を待たず、寄付を行うと同時に必要事項に記入し寄付した自治体に送付するのが無難ですね。

 

 

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(総務省ホームページ)

 

 

もし間に合わないときは?

 

ワンストップ特例制度の申請書、すっかり返送を忘れていた!といううっかりさんもいるかもしれません。

 

 

そんな時は、確定申告を行います。

 

 

自分で確定申告をしたことが無い人にとっては、面倒かもしれませんが、記入例に沿って記入をするだけなので大丈夫です。

 

 

もともと確定申告をする予定の人は、その時にあわせて申告するだけの話なので、ワンストップ特例制度を利用する必要はありません。

 

 

ふるさと納税の時期はいつがおすすめ?

 

特におすすめの時期があるわけではありませんが、返礼品によっては期間限定のものがあります。

 

 

たとえば新米であったり、魚などの生鮮品、果物なのは1年中いつでも申し込めない自治体があります。

 

 

お目当ての品が決まっている場合は、ふるさと納税のサイトを事前にチェックし、お気に入りの登録などしておくのがベストですね。

 

 

また、ふるさと納税サイトに登録だけでもしておけば、メルマガなのでお得な返礼品や人気の返礼品の情報が届きます。

 

 

「こんなのあったんだ~」

 

 

と驚きの返礼品に出会えることもあります!

 

 

例えば利用予定の航空会社のポイントとか!

 

 

いくつかサイトをご紹介しますので、登録だけでもしておくと良いですね!

 

 

  おすすめふるさと納税サイト1.ふるなび

 

ふるさと納税の寄付金をクレジットカード支払いにすることで、アマゾンのポイントを還元してくれるキャンペーンを実施中です。

 

 

とことんお得をしたい方は、こちらのサイトから寄付するのがおすすめです。

 

 

また、ギフト券の返礼品の取り扱いが多いのも魅力です。

 

 

 

 

おすすめふるさと納税サイト2.さとふる

ソフトバンクグループが運営するサイトです。

 

 

返礼品の取扱数が多いのも魅力です。

 

 

また、ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金と支払いを併せることができます。

 

 

おすすめふるさと納税サイト3.楽天ふるさと納税

 

 

楽天会員なら、面倒な登録作業もいりません。

 

 

加えて、楽天カードで支払いをすればポイントもゲットできます!

 

楽天ふるさと納税

-節約

Copyright© 30代から始める美的生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.