ママの毎日に潤いを!まだまだ人生これから どんどん楽しんでいきましょう!

30代から始める美的生活

美容

30代からのバストアップ!クーパー靭帯を守ることが大事

投稿日:

 

30代からバストアップについて考える人に、知っておいていただきたい体の組織があります。

 

 

その名は「クーパー靭帯」です。

 

 

私もそうですが、バストアップのためには大胸筋や小胸筋を鍛えれば良いと考えていませんか?

 

 

確かに、バストの基礎ともいえる土台の大胸筋や小胸筋を鍛えることでバストアップを叶えることができます。

 

 

しかし、30代からのバストアップを望む人は、おっぱいの垂れや崩れを気にしている方が大半だと思います。

 

 

ミーも同じくそうです。

 

 

バストアップのストレッチを頑張ってみても、若いころのようなおわん型のバストには到底戻りません。

 

 

その理由と大きく関係しているのが、正にこの「クーパー靭帯」だったのです。

 

 

バストの垂れの原因?その理由はクーパー靭帯にあった!

鎖骨や鎖骨胸筋筋膜から乳房組織を通りその周りに分岐し、乳房の上にある真皮にいたる。完全な靭帯は上胸部の鎖骨及びその下にある深筋膜から乳房を懸垂する。これにより乳房が正常な位置で支えられ、正常な形状を維持している。この靭帯の内部支持がなければ、胸部組織(周囲の脂肪よりも重い)は自重で垂れ下がり、普通の形状や輪郭を失ってしまう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

クーパー靭帯はコラーゲンで組織され、乳腺や皮膚及び筋肉をつないでいます。

 

 

胸まわりの筋肉を鍛えるだけでは30代からのバストアップは難しいのは、このせいです。

 

 

美しいうえ向きのバストは、このクーパー靭帯が支えてくれていたのです。

 

 

では、30代を超えるとおっぱいが垂れてしまうのはどうしてでしょうか?

 

 

次はその理由についてまとめてみます。

 

 

クーパー靭帯が伸びる原因4つ!あなたは大丈夫ですか?

クーパー靭帯が伸びる原因1.加齢

「加齢」という言葉が出てくると、年齢は確かに重ねているのでどうしようもない気がしますが…

 

 

先ほどご説明しましたが、クーパー靭帯はコラーゲンでできています。

 

 

加齢によりコラーゲン量が減ることでクーパー靭帯は衰えていくのです。

 

 

クーパー靭帯が伸びる原因2.妊娠や授乳

妊娠や授乳を経験された方はお分かりだと思いますが、この時期におっぱいは成長期よりもみるみる大きくなります。

 

これは赤ちゃんに母乳を与えるためとても必要なことですが、クーパー靭帯が伸びる原因となります。

 

 

どんどんバストが重く大きくなることで、クーパー靭帯も合わせて伸びていきますが、授乳が終わりおっぱいがしぼんでもクーパー靭帯は縮みません。

 

 

こうして妊娠・授乳を経験した多くの女性のおっぱいは垂れてしまうのです。

 

 

またこの時期のバストは急激にサイズ変化をしてしまうのでクーパー靭帯が切れてしまう可能性まであります。

 

 

クーパー靭帯が伸びる原因3.激しい運動

激しい運動をすると、バストは上下に大きく揺れます。

 

この動きによりクーパー靭帯は伸びたり切れる可能性があります。

 

 

ジョギングや、歩くことでも伸びる可能性はあるのです。

 

 

クーパー靭帯が伸びる原因4.姿勢が悪い

姿勢が悪いと、胸を支えるクーパー靭帯にも負担をかけてしまします。

 

 

長時間のデスクワークで肩こりが起きたり、骨盤の歪みによって体の左右のバランスが崩れ、さらにクーパー靭帯を痛めつけるのです。

 

 

寝ている時の姿勢もまた、クーパー靭帯が伸びる原因となってしまいます。

 

 

 

特に危険なのが「うつぶせ寝」です。

 

 

ミーは正に毎晩うつぶせ寝をしてアラフォーまできてしまいました。

 

 

おっぱいをぎゅっと潰した状態になるうつぶせ寝は、クーパー靭帯を伸ばしますし切れてしまう可能性が大いにあります。

 

 

眠るときは仰向けでバストに負担をかけないことが大切なのです。

 

 

もっと早くにこの事実を知りたかったです…

 

 

クーパー靭帯の伸びを防ぐ方法は?これ以上バストの垂れをストップ!

 

クーパー靭帯を伸びさせないコツ1 正しいブラを付ける

 

おっぱいを吊り支えているクーパー靭帯を伸びたり切れたりさせないためには、おっぱいを支える体に合ったブラジャーを着けることがもっとも重要となります。

 

 

何年もずっと同じブラジャーを使用していたり、夜ノーブラで寝ているなんてもってのほかです。

 

 

定期的にブラジャーが体に合っているかをチェックし、夜はナイトブラを着けバストをサポートします。

 

 

また、スポーツをするときには激しい動きにもサポートしてくれるスポーツブラを着けることをお勧めします。

 

 

最近はリラックスできるパッド付の下着のみを着用している方も多いのですよね。

 

 

開放的で楽ですが、おっぱいの型崩れや垂れの危険性が高まるので望ましくありません。

 

 

ブラジャーは、自分に合ったサイズや形のものをシーンに合わせて使い分ける必要があるということです。

 

 

クーパー靭帯を伸びさせないコツ2 エクササイズをする

クーパー靭帯により吊り支えられているバストですが、さらに繋がる大胸筋や小胸筋もバストの形や位置を維持するのに働いています。

 

 

ですのでこれらの筋肉を鍛えることにより、クーパー靭帯をサポートすることができますし、今以上の伸びをストップさせキープすることができます。

 

 

1番お勧めなのは「腕立て伏せ」です。

 

 

超定番の誰もがしたことのあるエクササイズですが、バストまわりの筋肉を鍛えるために効果的です。

 

 

きついと感じる人は、膝をついた状態で腕立てをしたりと無理なく始めましょう。

 

 

普段運動をしてない人は、すぐにバストの変化を感じることが出来ますよ。

 

 

クーパー靭帯の老化を防ぐために良い食べ物とは?

クーパー靭帯はコラーゲンが主成分ですので、コラーゲンを効果的に摂取することが一番有効です。

 

 

コラーゲン摂取に1番向いているのが手羽先や鳥皮です。

 

 

ミーは鳥皮が大好きなので、願ったり叶ったりですが、どうも苦手だという方も多いでしょう。

 

 

そんな方はサプリメントを取入れましょう。

 

 

 

飲みやすいものが多いですし、自分で調理する手間もありませんので続けやすいと思います。

 

 

バストの垂れの原因はクーパー靭帯だったまとめ

 

私は自分のバストの垂れが気になるまで、クーパー靭帯のことは全く知りませんでした。

 

 

そして伸びたら復元するのは難しいだなんて、もはや手遅れなのでは?ととてもガッカリしました。

 

 

でも、まわりの筋肉を鍛えクーパー靭帯を支えることでこれ以上の伸びや切れを防ぐことが分かりました。

 

 

30代を超えた今からでも、美乳のためにできることは率先して挑戦していきたいと思います。

 

 

あと睡眠時のノーブラがとても危険だったという事実、これもまた衝撃的でした。

 

 

横向きでも重力に引っ張られるクーパー靭帯は伸びてしまいますし、うつぶせなんてもってのほかであったこと。

 

 

この事実を知って、効果があるナイトブラを調査してすぐに購入しました。

 

 

私が購入したのはこちら。

 

 

 

⇒バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

 

 

 

ナイトブラを毎日つけることで、必ず効果がでると思います。

 

 

今までおっぱいのために何もしてやれていなかったから、なおさら効果はあるはずです!

 

 

 

注文から届くまでの様子や、その効果については「viageのナイトブラが届きました!着けた感想まとめ」で詳しく書いています。

 

 

どんな包装で届くのか、どんな商品なのか参考にしてみてくださいね。

 

 

ちなみにナイトブラはクーパー靭帯の伸びを防ぐだけでなく、胸のお肉の背中流れや垂れをストップさせてくれます。

 

 

そちらの効果も楽しみにしています♪

 

-美容

Copyright© 30代から始める美的生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.